スタッフ紹介

宮坂 るみ
みやさか るみ
松本校岡谷校

ひとつひとつの成功体験を重ねて次のチャレンジへ。

長野県岡谷市生まれ。
初海外は高校2年生の時にアメリカミズーリ州にホームステイをしました。
それ以降自分にとって海外を旅行し自分の知らない世界を知ることはライフワークになっています。

短大卒業後地元の病院に就職。夜は学習塾でバイトをしてお金をため、23歳の時にワーキングホリデーで1年間オーストラリアで過ごしました。

帰国しAtoZに講師として就職しました。

12年ののち、もう一度学校で学びたいと決意。 アメリカ・オレゴン大学の教育学部に編入し、3年後、晴れて卒業しました。個を大事にするアメリカの教育を学んだ経験は、今教えることの基盤となっています。

自分の英語力に「やっと」自信がもてたのも、このアメリカ留学の経験からでした。
現地の教育実習でネイティブの子どもたちに教えたり、間違いをなおしたりすることは本当にプレッシャーがいることでしたし、運良く得られた大学図書館でのリサーチアシスタントの仕事では、図書館のインフォメーションデスクにひとりで座り、電話、ライブチャット、対面でのありとあらゆるリサーチの質問に的確に答えなければならず、「自分にはこんなことできるはずがない」としか最初は思えませんでした。

しかし実際伝えなければいけないというシチュエーションになったときには、文法も発音も気にせず、ただ相手に伝えたい(伝えなければ)という気持ちで無我夢中でとりくみ、それで用が足りたときはとびあがるほどうれしかったですし、そのひとつひとつの成功体験で次のチャレンジに向かうことができました。

この「壁をこえる」体験こそが英語上達の鍵だと思うので、それを生徒さんに伝えたいなと思っています。

AtoZに戻ってきてからは、あらたに教務という役割を担い、AtoZの授業を通して、学習者ひとりひとりが、自信とより豊かな人生を切り開いていける力をつけて欲しいと思っています。

好きな言葉は「人生を最高に旅せよ!」出会いやチャレンジ、うれしいものもくるしいものも存分に堪能して成長し続けたいです。