スタッフ紹介

工藤 優希
くどう ゆき
岡谷校

大事なのはどんな経験を積んできたのか

 私は、短大卒業後、鉄道会社で働きながら資金を準備しカナダへワーキングホリデーで約一年間滞在しました。

 ボランティア活動参加やネイティブだけの職場で働くなど様々なことにチャレンジしました。接客のお仕事では、お客様の細かな要望を聞き取れず注文を間違えたり、言いたいことが英語でいえない自分と格闘する日々でした。悔しさをバネに英語力の向上に必死になり、会話でわからない単語や英語はその場で必ず聞く、家ではテレビや音楽を英語で楽しみ、ネイティブの同僚やお客様に積極的に話しかけることを意識しました。
そのうちに、自分の殻を破り新しい環境に飛び込むこと、自分にチャレンジすることが楽しくなり、帰国する頃には世界中に友達ができていました。

 こんな私ですが、もともと極度の恥ずかしがり屋でおとなしい性格。海外=自分には縁のない場所だと思っていました。

 英語を好きになったきっかけは中学校の英語の授業で、日本語と英語の文法の違いに驚き、異文化にも興味を持ち始めました。英語を勉強するたびに新しい世界が見えてくるような気がして夢中で取り組んでいたのを覚えています。

 短大英文科時代は先輩方から留学や海外生活の経験談を聞く機会があり、日本では考えられないような貴重な体験を聞きました。それまでは自分をさらけ出すことが恥ずかしいことだと思っていた私は、自分の視野と価値観の狭さに初めて気が付き、“一度海外へ出て自分がどれだけできるか力試しをしたい“とさらに関心が強くなりました。ですが、今の自分の環境では厳しいと判断し留学は自分には遠い存在だと思っていました。

 そんな短大卒業間近で進路に悩んでいたとき、ある方から“大事なのはどんな経験を積んできたかだ。”という言葉を頂きました。その言葉が今の自分に繋がる大きなきっかけとなりました。

 なにかの理由で夢や目標を諦めている方、なにかを変えたいと思っている方など、第一歩を踏み出すために、まずはAtoZフロントスタッフに相談してみてください。皆様の学びたい気持ちを大切にサポートさせていただくと共に、一緒に成長させていただきたいと思っております。