スタッフ紹介

近藤 智美
こんどう ともみ
松本校

NPO活動やマレーシアでの経験が視野を広げてくれた。

秋田県の山奥で生まれ育ち、物心ついた時から「田舎から出たい」と考えていました。田舎から出るにはどうしたらいいのか…そうだ!英語だ!と決心し、幼いころから英語を身に付けることと視野を広く持つことを昔も今も、常に意識しています。

学生時代は、他大学の学生も大学間の枠を超えて所属する学生NPO団体「秋田キャンパスネット」にて、ネパールの青年海外協力隊の派遣員や現地の学生団体と協力して現地貧困孤児の、孤児院卒業後の自立支援活動や、秋田での学生や一般向けにワークショップを実施し、さまざまな世代の方と触れ合いながら「田舎にいながらも、自分の視野をできるだけ広げる」ことを日々意識して過ごしました。

このNPO活動の中で偶然知り合ったアジア開発銀行の元職員から留学先として「日本にいると絶対経験することのできない宗教感の違いや、民族間の習慣の違い・政治感の違いを経験するべき!」とマレーシアを勧められ、マレーシアのペナン島にて、朝はモスクからのcall for prayersが目覚まし代わりとなる刺激的な13ヵ月を過ごしました。人は一人ひとり違って当たり前、相手を理解する為や自分を相手に理解してもらうために自分の意見を持つことやそれをシェアできる能力(英語や表情)が必要だと身を持って感じることが出来ました。
生徒さんには、視野が広がるようなわくわくする授業を提供していきます!よろしくお願いします!!