講師紹介

Amanda Rowland
アマンダ ローランド
松本校

いつも将来の夢は教えること

私はもともとパイソンというアリゾナの小さなまちの出身です。21歳までパイソンで過ごし、大学に入るため1時間半北にあるフラッグスタッフというまちに移りました。大学では5歳から14歳の生徒を対象にした教育を専攻し、そのときの夢はアリゾナで中学校の英語の先生になることでした。
日本の歴史と、近代的な文化にいつもあこがれていて、大学卒業後は日本で英語を1年か2年教えよう!そうすれば日本に来ることができる、先生にもなれる!と思い来日を決めました。
2007年の夏に長野県長野市に到着しました。そのときは高校でALTとして働きました。高校生と接したことがなかったため、初めはとても緊張しましたが、仕事が大好きで、学校が大好きで、生徒のことも大好きで気づいたら10年経っていました。
しかし、10年経ち、なにかを変えなければいけないと思いながらも、長野県内にとどまり、教える仕事をしたいと強く思いました。そのため、AtoZで働くことを決めました。今後も長野県内で働けることをとても楽しみにしています。

I’m originally from a small town called Payson in Arizona, in the United States of America. I lived in Payson until I was 21, when I moved just an hour and a half north to Flagstaff to attend university. At university I studied Elementary Education. My goal was to become a Junior High History teacher in Arizona.

I had always been interested in Japan – both because of its long and rich history and because of its interesting modern culture. So, when I finished university, I decided to come to Japan and teach English for a year or two. I wanted to experience both Japan and teaching!

In the summer of 2007 I arrived in Nagano City, Nagano. My job was to be a High School Assistant Language Teacher (ALT). I was nervous at first, because I’d never worked with High School Students. However, I loved the job. I loved the schools, I loved the students, and I loved Nagano.

After 10 years as a High School ALT, it was time for a change. I did know, though, that I wanted to stay in Japan, most especially in Nagano-ken. I also wanted to stay in teaching. So, I moved to working for A to Z in Matsumoto. I’m looking forward to continuing my English teaching career in Nagano-ken!